リテール Retail

人手不足や深夜営業縮小など、リテールの現場は新たな課題に直面しており、新しい形での生産性向上が求められています。

店舗にIoT専用ネットワーク「EXBeaconプラットフォーム」を導入することで、「店舗のデジタルツイン」を実現。従業員の位置情報や、店舗の環境情報などを常時収集し、これら膨大なデータをもとに、効果的な現場管理・運営や、全体の一括監視を進めます。

リテール向けにの4つのソリューションを用意しています。

従業員のアクティビティを計測

従業員一人ひとりの場所と時間を常時計測し、データベースに格納。日報を自動作成するとともに、場所と作業の紐づけ情報をもとに、業務アクティビティを計測します。

導入効果

  • 業務日報の自動作成で、作成の手間を省き、正確な情報を収集できます。
  • アクティビティの見える化により、業務のムダや不効率を把握できます。

店舗内の環境情報を常時収集

温度や湿度など必要なセンサーを店舗内各所に配置すると、センサー情報を「同時一斉に」「常時」効率よく収集します。

導入効果

  • これまで手作業で収集していた温度情報を自動で正確に収集できます。

  • 廉価にHACCP対応が可能です。

  • 人手の足りない時間帯での店舗内の環境保持に役立ちます。

ゾーン混雑度や来店人数を計測

細密人感センサーや指向性ビーコンなどのセンサーとEXBeaconプラットフォームを接続し、店舗内のゾーンごと混雑度や、来客者人数のカウントを行います。

導入効果

  • 棚ごと時間ごとの混雑度、トイレ利用者数など、これまで把握するのが難しかった詳細な来客情報を簡単に収集できます。

各店舗状態をリアルタイムで遠隔一括監視

「従業員の位置情報」「店舗内の温湿度センサー情報」「混雑度情報」など様々な店舗データをEXBeaconプラットフォームが一括して収集、クラウドに集約します。

導入効果

  • 各店舗の状態がリアルタイムでクラウドに集計されることから、中央監視の仕組みを簡単に構築できます。

  • 中央で異常を感知し、店舗向けにアラートを発出することが可能です。

どうやって実現する?

各店舗に「EXBeaconプラットフォーム」を導入します。 EXBeaconプラットフォームは、IoT専用の新しいLAN。人やモノに付けたBLEタグの電波を受信して人やモノの位置を測る(室内測位)と同時に、様々な店舗内のセンサー情報を収集します。

コンビニ店舗なら、ゲートウェイを1ヶ所、各所にEXBeacon受信端末を分散配置することで、端末同士が相互接続してメッシュ・ネットワークを形成します。