工場Factory

工場のデジタルツインを実現する

工場にIoT専用インフラ「EXBeaconプラットフォーム」を導入することで、「工場のデジタルツイン(双子)」を実現。デジタルツインとは、物理世界の出来事をそっくりそのままデジタル空間に再現すること。
EXBeaconプラットフォームがBLEタグやセンサと接続し、作業員の位置情報や、場内の環境情報、機械の稼働情報などを常時収集、データをもとに継続的な業務改善を推進します。
また、MESなどの生産管理システムとデータ連動して、詳細な原価計算や生産管理を実現させるなど生産性を飛躍的に向上させます。

1.調査する(現場実態の見える化)

EXBeaconプラットフォームが調査対象につけたBLEタグの電波を受信することで位置や動きを測定するとともに、温湿度や振動など様々なセンサ情報を常時収集することで(測位手段)、デジタルツイン化。収集した膨大な1次情報をもとに、「製品別作業時間」や「工程外運搬」などの原因調査や問題分析に役立つ情報(2次情報)に加工します。

2.問題を分析する

収集されたデータから現状を分析します。分析されたデータから複数の原因仮説・検証をもとに原因を特定します。分析ツールには、歩掛率、稼働率の算出や、製造時間の算出、適正配置の判定、利用状況の把握などがあります。

課題例)大量生産:ライン生産方式

生産効率が落ちた。機械停止時の駆け付け対応が上手くいっているか確認したい。

課題例)中品種中量:セル生産方式

工程の滞留しているが、原因がわからないので幅広く関連情報を収集・分析したい。

課題例)多品種少量:ロット生産方式

標準製造時間が分からず、生産計画と生産実績の乖離を知りたい。

課題例)一品生産:個別生産方式

製品毎にどの工程によってどれくらい不良品が出たり、手直し品へ回っているか確認したい。

3.業務を改善する

分析の結果、原因を特定したら、その原因に対する対策を行います。対策手段は製造現場によって異なりますので、試行錯誤をしながら、最も改善が見込める対処を実行します。

業務改善ツール「リアルタイム進捗管理」
業務改善ツール「自動日報生成」

4.改善サイクルを作る

分析の結果、原因を特定したら、その原因に対する対策を行います。対策手段は製造現場によって異なりますので、試行錯誤をしながら、最も改善が見込める対処を実行します。

factory6

生産管理システムとの連携

工場の場合、IoT DBは EXBeaconプラットフォームが収集する実空間情報のみならず、PLC(機械情報)はじめ外部システムと接続し、工場内の様々な種類の情報をまとめて蓄積します。
IoT DBは、デジタルツインの実態となり、1) MESやERPに対して現場管理情報を適宜提供、2) 現場支援サービスを常時提供、3) 蓄積情報を様々な分析ツールを用いて分析、を行います。

導入事例

作業台帳を使った作業進捗状況の把握

【顧客】東芝エレベータプロダクツ㈱

大型アセンブリ工場内における機械製造の作業工程管理システム。仕掛品群と一緒に動いている作業台帳にBLEタグを付け、台帳置きに受信機(EXBeacon)を付け、作業エリアごとの作業進捗状況を把握します。

 

仕掛品や作業員の位置検出 / MES連携

【顧客】大手楽器メーカー

所定場所における仕掛品の有無を検出し、詳細な工程管理を行います。
作業員の位置情報を収集することで、工程ごとの所要時間を把握します。
MESと連動し、生産管理の精度を高めます。

指向性ビーコンによるパレット位置検出

【顧客】大手自動車メーカー

工場内の「金属パレット」の所在管理。
各パレットにタグを付けるとともに、指向性ビーコンを用いて境界判定を行うことでより正確な位置を判定します。

1m測位方式を活用した進捗状況の把握

【顧客】大手精密機械メーカー

精密機械工場内における製造工程管理。
圧力センサによる製品配置や、指向性ビーコンによる仕掛品や作業員の有無判定により、工程管理に活用します。

カード型タグによる従業員・仕掛品の所在管理

【顧客】㈱中村製作所

部品製作工場での人・モノの所在管理。
作業管理表(紙)のクリアファイルに超薄カード型タグを付けて仕掛品の位置を管理。
従業員の現在地だけでなく、帰宅ラックを使って帰宅者の管理も同時に行います。

収集した位置情報から作業実績を自動生成

【顧客】大手精密機械メーカー

精密機械工場内における製造工程管理。
圧力センサによる製品配置や、指向性ビーコンによる仕掛品や作業員の有無判定により、工程管理に活用します。

製造業向けBCP対策ソリューション

新型コロナウイルス(COVID-19)禍下にあっても、製造業は操業を継続していく必要があり、新たなBCP(事業継続計画:Business continuity planning)対策が必要です。
そこで、IoTインフラによる「デジタルツイン」を活用し、製造現場の可視化や、管理強化したりする新たな対策をご提案します。
詳しくは、以下のボタンから資料をダウンロードしてください。

2分でわかる工場ソリューション動画

工場改善フェーズ「自動日報作成」

工場調査フェーズ「作業時間」

工場分析フェーズ「製造時間」

工場調査フェーズ「行程外運搬時間」

工場分析フェーズ「稼働率」

工場分析フェーズ「適正配置」