工場Factory

IoTを活用して、工場内における人・物の所在把握やその動線分析を行い、作業工程の管理を行うことができます。また、機器類の既存センサーと連動した監視や、バイタルセンサーで人の安全管理も実現します。

■工場所在管理

工場内における人、物の位置情報やアクセス制御、作業管理簿の位置情報を活用して、工場の見える化し、工場の作業効率化や安全性向上につなげます。

  • 人、物の所在管理
  • 入退出管理、勤務管理
  • 来客アクセス管理
  • 屋内と敷地内を連動させた位置情報管理
■工場環境管理
  • 工場環境管理(室温度、CO2)
  • 作業員安全管理(バイタル情報)
■導入例1 「作業管理簿の位置情報と連動させた工程管理」
  • 作業管理簿のBLEタブをつけることで、工場内の位置計測し、作業工程の進捗状況をリアルタイムで見える化することができます。

■導入例2 「作業管理簿の位置情報と連動させた工程管理」
  • パレットや台車にBLEタブをつけたり、ボタン式BLEを作業員に持たせることで、、工場内の位置計測し、作業工程の進捗状況をリアルタイムで見える化することができます。

 

お問合せ入力フォーム