工場Factory

EXBeaconプラットフォームは、工場の新しいLANとして、製品や従業員の位置情報や、各種センサー情報を常時リアルタイムで収集し、見える化します。
MESなどの生産管理システムと連動して製品単位で測った作業時間をもとに原価計算に活用したり、手待ち時間や非正味作業を割り出してリードタイムを短縮させるなど生産性を飛躍的に向上させます。

■主なサービス

  • 工程管理、製品別進捗情報収集
  • 次工程指示誘導
  • 定期・予防保全支援
  • 倉庫内環境管理
  • 入退室管理
  • 作業員健康管理
工場内ネットワーク

■生産管理システムとの連携

工場の場合、IoT DBは EXBeaconプラットフォームが収集する実空間情報のみならず、PLC(機械情報)はじめ外部システムと接続し、工場内の様々な種類の情報をまとめて蓄積します。

IoT DBは、デジタルツインの実態となり、1) MESやERPに対して現場管理情報を適宜提供、2) 現場支援サービスを常時提供、3) 蓄積情報を様々な分析ツールを用いて分析、を行います。なお、EXBeaconプラットフォームが収集する情報通有量は従来情報の1000倍になります。

factory_t002
factory_t003

■導入事例

作業台帳を使った作業進捗状況の把握

【顧客】東芝エレベータプロダクツ㈱

大型アセンブリ工場内における機械製造の作業工程管理システム。仕掛品群と一緒に動いている作業台帳にBLEタグを付け、台帳置きに受信機(EXBeacon)を付け、作業エリアごとの作業進捗状況を把握します。

 

仕掛品や作業員の位置検出 / MES連携

【顧客】大手楽器メーカー

所定場所における仕掛品の有無を検出し、詳細な工程管理を行います。

作業員の位置情報を収集することで、工程ごとの所要時間を把握します。

MESと連動し、生産管理の精度を高めます。

指向性ビーコンによるパレット位置検出

【顧客】大手自動車メーカー

工場内の「金属パレット」の所在管理

各パレットにタグを付けるとともに、指向性ビーコンを用いて境界判定を行うことでより正確な位置を判定します。

1m測位方式を活用した進捗状況の把握

【顧客】大手精密機械メーカー

精密機械工場内における製造工程管理。

圧力センサによる製品配置や、指向性ビーコンによる仕掛品や作業員の有無判定により、工程管理に活用します。

カード型タグによる従業員・仕掛品の所在管理

【顧客】㈱中村製作所

部品製作工場での人・モノの所在管理。

作業管理表(紙)のクリアファイルに超薄カード型タグを付けて仕掛品の位置を管理。

従業員の現在地だけでなく、帰宅ラックを使って帰宅者の管理も同時に行います。

収集した位置情報から作業実績を自動生成

【顧客】大手精密機械メーカー

精密機械工場内における製造工程管理。

圧力センサによる製品配置や、指向性ビーコンによる仕掛品や作業員の有無判定により、工程管理に活用します。